美味しいコーヒーを淹れる資格って?

美味しいコーヒーが淹れられるようになる資格はいくつかあります。コーヒーコーディネーター(就職に有利)・UCCドリップマスター・コーヒーマイスターなどがあります。その中で、初心者でも専門的なことが学べるのは、UCCドリップマスターです。バリスタを目指す人は、コーヒーマイスターになります。

バリスタ・店舗によって違うコーヒーの味わい

no.1

初心者にも合うROKUMEI COFFEE

SCAJ日本スペシャルティコーヒー協会が主催している、ジャパンコーヒーロースティングチャンピオンシップでも好成績を記録しています。初めての人でも4種類お試しができるコーヒーになります。コーヒーにも旬があり、一番おいしいコーヒーを送ってもらうことができます。

no.2

老舗の土居珈琲

土居珈琲は、1970年創業の老舗コーヒー店です。日本の古き良き文化を受け継いでいる味わいがあります。取り扱っているコーヒー豆にこだわっていて、優良農園のものになります。好みは個人差がありますが、味わいは重厚感があります。そして、焙煎豆が口に合う可能性も高いコーヒーになります。

no.3

高い評価のある珈琲きゃろっと

焙煎の深さ・味・香りは日本ではトップレベルでもあり、高いコーヒーの技術力を持っています。コーヒーの抽出方法はネルドリップ・エスプレッソになります。どちらかを選べて本格的なコーヒーを飲むことができます。ビター感が好きは人はスマトラタイガーがいいかもしれません。

接客や経営に関しても学べるバリスタの専門学校とは?

エスプレッソ

美味しいコーヒーを淹れてくれるバリスタって一体何者?

バリスタとは、コーヒーに関して専門的な知識を持っているプロのことです。エスプレッソなどのドリンクを作るだけではありません。お客様に喜んでもらえるように、質の高いサービスをするということも仕事の一つで、心地よい空間を作っていきます。また、コーヒーの技術・知識だけでなく、エスプレッソコーヒーのスペシャリストでもあります。バリスタは、お客様に喜んでもらえるように最高の1杯のコーヒーを淹れるプロフェッショナルです。

バリスタが学ぶべき事はどれぐらいあるのだろう

バリスタになるために必要な知識やスキルは、専門学校やスクールで学ぶことができます。学校ではコーヒーの知識・技術だけでなく、接客スキル、流行りのラテアート、料理・製菓など、総合的に学ぶこともできます。プロとしてカフェなどで仕事する人が多いですが、独立を目指している人は売り上げ・原価など経営に関しても学べる学校もあります。専門学校に通う場合の費用は、およそ100万円くらいになります。

コーヒーマイスターとQグレーダーを比較!

コーヒーマン向けの資格、コーヒーマイスターです。

日本で初めての日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)認定資格です。コーヒーマイスターは、プロのコーヒーマンとして認定される資格でもあります。コーヒーに関しての知識・基本技術だけでなく、コーヒーの歴史や、どのような経路・歴史的事情でコーヒーが広まったかなども学ぶことができます。

Qグレーダーはコーヒーの評価をすることができます。

Qグレーダーはコーヒーをしっかりと評価することができる人に与えられる資格です。最大の役割は、コーヒーに関してしっかりと評価を行うということです。評価するときのルールは、米国スペシャルティコーヒー協会(SCAA)に基づいた判断になります。難易度は高く、8科目19試験すべて合格しなければなりません。

広告募集中