活躍できる場所が豊富~専門学校で製菓について学ぶメリット~
ロゴ

Special Education

製菓専門学校で資格を取得!就職のために必要な準備とは?

製菓の知識を色々な場所で活躍させてみよう

製菓について専門学校などで学んだあとは、和菓子店や洋菓子店などで活躍することができます。製菓専門学校を卒業した多くの人は、和・洋菓子店で働きます。パンコースを選んだ人は、製パン店に就職する人がほとんどです。専門店以外でホテルに就職する人も多く、その場合はホテルのパン・スイーツを作ることがメインになります。

製菓を学んでいく流れを見てみよう

希望学校に出願書類を提出する

数ある製菓専門学校の中から、自分が学びたい思った学校を選びます。そして入学したい専門学校に出願書類を提出をしますが、提出の締め切り日には注意してください。提出方法は郵送・持参どちらでもいいという学校がほとんどなので、締め切り日までに遅れないように提出するようにしましょう。

入学するための選考

出願・選考方法は下記の4つがあります。選考方法が書類選考のみはOA入試・指定校推薦入試になります。面接・書類選考がある学校は、推薦入試・一般入試になります。選考方法によって、受験資格や願書の受付開始期間が異なってきますので、事前にしっかりと確認するようにしましょう。

結果発表・学費納入手続き

合格した場合には、すぐに学費納入手続きを行います。手続きについては、合格通知と一緒に案内が同封されています。学費はどのコースに通うかによって変わってきますので、注意しましょう。納入期限は約2週間以内に設定されているので、いつまでに納入するか確認をするようにしましょう。学費に関して、経済的な不安がある場合には、負担を軽減することができる日本学生支援機構奨学金・学校独自の特別奨学金制度・教育ローンなどがあります。学費サポート制度があるので、活用するといいかもしれません。

入学手続き

専門学校で入金の確認が取れたら、入学が決定します。入学証書が送られてきたらきちんと確認しておきましょう。あとは入学までに準備しておくものなどを確認し、余裕をもって揃えておいてください。県外の専門学校への入学が決まり、引っ越しするという場合であれば、すぐに作業を始めましょう。

活躍できる場所が豊富~専門学校で製菓について学ぶメリット~

ウーマン

製菓の知識を身につけるため世界へ羽ばたこう

製菓の知識を身につけるのは日本でもできます。人によっては外国に修行に行って、さらに技術を身につける人もいます。そこでは、製菓のレシピを学ぶだけでなく、細やかなニュアンスまで教わることができます。そのため、それをくみ取るだけのコミュニケーション能力というのも必要になります。海外の製菓学校なら、本場のシェフやパティシエから技術を学び、ワンランク上の技術を身につけることもできます。

国家資格とされている製菓衛生師とはどんなものか

製菓衛生師という資格がありますが、この資格は国家資格になり、プロも推薦している資格になります。これは都道府県知事から発行される免許になり、菓子製造業に従事する人の多くが取得しています。製菓衛生師の資格は、資質の向上・公衆衛生の向上・増進に寄与することが目的とされています。食品を扱っている業界では、衛生面はとても重要なものです。そのため、製菓衛生師のように食品・衛生面に関しての知識を身につけた人の需要は高くなっています。

製菓専門学校で知識を学んでいる生徒たちの声を聞こう

夢を実現するためです。

小さいころによくお菓子作りをしていたということもあり、ずっとパティシエに興味がありました。体験スクールや説明会に参加してみて、先輩や先生方の様子をみて、この学校なら夢がかなえられると思いました。将来は、自分で作ったお菓子でみんなを笑顔にできるお店を持ちたいと思っています。

働きたいジャンルが見えてきました。

専門学校では、和菓子・洋菓子・パンなど幅広いジャンルを学ぶことができるため、自分が働きたいジャンルを絞ることができました。また、学校では製菓衛生師の試験勉強をサポートしてもらうことができたのでありがたかったです。就活で大切なことを教えてもらえたり、進路に関する相談センターもあったので、やはり専門学校に通ってよかったと実感しました。そして、就職の選択枠も多かったです。

プロとしての1歩を踏み出せました。

入学前に、体験スクールや入試説明会に参加して、学校の雰囲気を直接見ることができました。入学してからは、技術だけでなく、挨拶・返事・マナーなど、社会人として大事なこともしっかりと教えてもらうことができました。実習は基本的な包丁研ぎから道具の扱い方、フルーツの切り方などの基礎的なことから学ぶことができます。

広告募集中